健康習慣を身に着けたい方から人気を集めているレバリズム-L

インターネット上では

 

「レバリズム-Lは妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫!」

 

という情報が多数見受けられますが、本当に安全なのか心配な方も多いと思います。

特に妊娠中・授乳中は摂取する栄養素に気をつけなければなりません。

サプリメントは成分が凝縮されているものが多く、中には赤ちゃんに悪影響を与えてしまうものもあります。

 

そこで今回はレバリズム-Lの安全性について解説していきます。

 

レバリズム-Lは妊娠中・授乳中でも服用できるの?

公式サイトには以下のように記載されています。

 

当社の「レバリズム-L™」は原材料に静岡県産しじみ・その他自然由来の原料を使用しております。
アレルギーをおもちでなく、通常の食生活をしているお客様には安心して飲用いただけます。
さらに安心にお飲みいただくためには、お医者様へ飲用についてご相談されることをおすすめいたします。

 

結論から述べると、健康状態が良好であれば妊娠中・授乳中の方や幼児でも問題なく摂取することができます。

なぜならレバリズム-Lには妊娠中や授乳中に避けるべき成分が配合されていないからです。

子供でも安心して飲めますし、副作用の心配もなく美容や健康促進に効果が期待できます。

公式ページには

 

「かかりつけの医者に相談してください」

 

と記載されていますが、レバリズム-Lはあくまでも健康補助食品ですので用法用量を守れば問題ありません。

逆に妊娠中は胎児のために多くの栄養が必要になるので、レバリズム-Lでカルシウムや亜鉛・鉄分を効率よく摂取することをおすすめします。

 

また、レバリズム-Lに含まれている『オルニチン』という成分にはニキビを改善する効果が期待できます。

さらにビタミンBも多く含まれているので、ビタミン不足の解消にも効果的です。

肌のハリの改善や潤いの補充にも効果を発揮します。

 

レバリズムに配合されている添加物は?

添加物として配合されているのはカプセルの材料のみです。

成分表に記載されている名称としては以下の3種類になります。

 

  • ミツロウ・・・ミツバチの巣の素となる蝋を精製したもの
  • グリセリン・・・パーム油、ヤシ油から抽出した植物由来成分
  • グリセリン脂肪酸エステル・・・マーガリンやバターにも使われる食品用乳化剤

 

どれも必要最低限な量しか配合されていないので、副作用の心配はありません。

 

主成分であるオルニチンは妊娠中・授乳中でも問題ない?

妊娠中に避けたほうがいい栄養素はいくつかあります。

例えばビタミンAの一種であるレチノールを摂りすぎると産まれてくる赤ちゃんに悪影響が出てしまう可能性があります。

他にも下記の食品の過剰摂取に気を付けなければなりません。

 

  • 感染のリスクがある生もの
  • 水銀が含まれている可能性のある魚
  • アルコールやカフェイン
  • ヒ素やヨウ素を多く含む食品

 

そこで心配になるのがレバリズム-Lに配合されているオルニチンだと思います。

しかし、オルニチンが胎児に悪影響を与えるいったデータは現在のところ一切ありません。

オルニチンはもともと人間の体内に存在するアミノ酸の一種なので、摂取することで副作用が出る可能性は極めて低いと言えます。

実際に、協和発酵バイオが行った妊娠中の動物を用いての母体と胎児への影響の研究では安全性が確認されています。

 

肝機能改善サプリでよく聞く副作用やデメリット・・・レバリズム-Lは大丈夫?

肝臓に疾患のある方が”しじみ”を過剰摂取すると悪化してしまったという話を耳にすることがあります。

このようなことを聞くと

 

「しじみエキスには副作用があるのでは?」

 

と不安になりますよね。

しかし、レバリズム-Lは『しじみエキス』や栄養豊富な『牡蠣エキス』などの自然由来の成分で作られています。

したがって基本的に副作用の心配はありません。

ただし、ごく稀に下記の症状が出る場合があります。

 

レバリズム-Lの成分でアレルギーが起こる

レバリズムの主成分は

 

『しじみエキス』

 

 

『牡蠣エキス』

 

です。

これらの成分は貝類に分類されるため、貝類や甲殻類のアレルギーを持っている方にはおすすめできません。

また、レバリズムに限らず他のサプリメントにも言えることですが、体質やその時の体調によっては体に合わないことがあります。

過去にサプリメントでアレルギー症状が出た方や現在アレルギーを持っている方は成分表をしっかりと確認してから服用してください。

 

レバリズム-Lを飲んで体調が悪化

しじみや牡蠣には鉄分が多く含まれています。

しかし、肝臓の代謝機能が衰えている方は鉄分の代謝が悪く、サプリメントで摂取をすると体内に過剰に蓄積されてしまうと言われています。

 

治療をしている方であれば肝機能が悪いことを自覚していると思いますが、自覚症状がないまま”しじみ”のエキスを摂取するとさらに肝機能が低下してしまいます。

万が一、レバリズム-Lを飲んで体調が悪化した方はもしかすると肝機能が低下しているかもしれません。

 

異常を感じたらすぐに服用を中止し、レバリズム-Lを持参して医療機関を受診することをおすすめします。

 

まとめ

レバリズム-Lは妊娠中・授乳中でも安心して服用できます。

鉄分やビタミンも豊富に含まれているので妊娠中の栄養補給にもおすすめです。

なお、服用する際は必ず用法用量を守って摂取しましょう。

公式サイトの定期コースを利用するとお得な金額で購入できますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。



レバリズムL最安値公式サイトはこちら!

★最安値公式サイトはこちら★